日進月歩で進化している!医療脱毛の変遷と最新の治療方法


医療脱毛の目に見える進歩

一昔前までは不治の病とされてきた病気が、今では治療が可能になったという事例は多く、医療業界が進歩していることがわかります。それは、医療脱毛の世界でも同様です。例えば、全身脱毛の場合、以前は丸一日かけて痛みを伴う施術を受けることが一般的で、そのことが医療脱毛のハードルを上げていました。さらに、5回程度の施術でも100万円超の金額が必要になるなど、一般の方が気軽に受けられる種類の施術ではありませんでした。

ですが、最近ではレーザーなど新しい脱毛機器が開発され、施術時間が短く、痛みを感じない程度の温度でも効果的に脱毛ができるようになりました。また、一日に多くの人に施術ができるようになったことから料金が下がり、若い人でも気軽に脱毛することができるようになっています。

オーダーメイドの脱毛が可能になっている

これからの医療では、それぞれの患者に応じた治療の選択や薬の処方が大切になるとされています。この点は、医療脱毛でも同様のことが言え、実際、それぞれの人の特性に合わせたオーダーメイドの脱毛が可能になってきています。例えば、医療脱毛で使われるレーザー機器では、主に3種類の波長を用いて毛の生え方に適応した脱毛を行います。体の多くの部位では出力の高い短い波長を使うことで、短期間で効果的な脱毛を促し、うなじや二の腕、肩甲骨の皮膚などには波長の長いものを使い、時間をかけて炎症などのトラブルを防ぎつつ施術を行うことができています。また、肌質や毛の太さ、生え方や深さに応じて複数の機器を併用したり、照射方法を調整することで効果的な脱毛が可能になっています。

効果が高い医療脱毛を銀座で受けられたら、仕事帰りやお買い物の途中など行きたい時に行けるのでとても便利です。